小説 甲鉄城のカバネリ 暁
甲鉄城のカバネリ

販売中

甲鉄城のカバネリ/甲鉄城のカバネリ/小説 甲鉄城のカバネリ 暁

画像をクリックすると拡大して表示されます。拡大画像一覧ページはこちらから

商品の写真および画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。
メーカーの都合により、商品の素材(生地等)・仕様は予告なく変更いたします。
商品の詳細につきましては、各メーカー様にお問い合わせください。
画像・テキストの無断転載、及びそれに準ずる行為を一切禁止いたします。

この商品情報を共有する

  • Twitterでつぶやく
  • いいね!
  • LINEで送る
  • mixiチェック
  • Hatenaブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Deliciousに登録
  • グーグルブックマークに登録

このページのURLをメールで送る

©カバネリ製作委員会

9784800005939 / 160530-14

商品紹介

棚卸に伴う配送遅延

数量:

※キャンセル・返品はできません。

商品名 小説 甲鉄城のカバネリ 暁
サイズ目安 B6判  
価格 ¥1,300 (税込 ¥1,404)
メーカー/
ブランド
マッグガーデン

[ご予約者対象イベント]
※ご予約者対象イベントについて詳しくはコチラ!

※応募受付は終了いたしました。

産業革命の波が押し寄せ、近世から近代へ移り変わった時代。
噛まれることで感染する不死の怪物<カバネ>に世界は覆い尽くされた。
極東の島国<日ノ本>の人々は、各地に築いた<駅>と呼ばれる砦に閉じ籠もることで生き延びを図り、駅を行き来できるのは装甲蒸気機関車、通称<駿城>のみとなった。

製鉄や蒸気機関の生産をなりわいとする<顕金駅>。
カバネを倒す力を求め愚直に生きる蒸気鍛冶の少年<生駒>は、ある冬、感染の疑われる女が行方知れずとなる現場に居合わせる。

危機感のない周囲の人間たちに彼は激昂する。
こいつらはなにも理解していない!
俺がなんとかしないとダメだ──!!

本編から遡ること二年前。
生駒の忘れられない怒涛の三日間を綴る、公式前日譚!

著:笠岡淳平

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品と同じ作品タイトルの商品

前へ

次へ