ノイタミナショップ情報

ノイタミナショップカフェ&シアターオープン!
カフェメニューリスト
ポイントカードサービススタート!
LINE@はじめました!
ノイタミナアパレル

ノイタミナショップについて

  • 配送料金について
    ・北海道…720円+税
    ・東北(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)…670円+税
    ・関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、東京都)…620円+税
    ・信越(新潟県、長野県)北陸(富山県、石川県、福井県)東海(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)関西(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)中国(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)…670円+税
    ・四国(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)九州(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県)…720円+税
    ・沖縄、一部離島…1,000円+税

    ※代引きの場合は、別途手数料300円+税が掛かります。
    ※コンビニ・ペイジー決済の場合は、別途手数料200円+税が掛かります。
    例:配送料金620円+代引き手数料300円+税=920円+税
  • 通信販売法に基づく表記
  • プライバシーポリシー

ピンポンCOMPLETE BOX 記念!ピンポンiPhoneケースコレクション期間限定全柄予約解禁!!

8月27日(水)『ピンポン COMPLETEBOX』発売を記念し、再び全柄予約解禁します!
今回が最終販売となりますので、放送時に買い逃してしまった方や、購入を迷われていた方は是非この機会をお見逃しなく!!

 

【ピンポンCOMPLETE BOX 記念!iPhoneケースコレクション期間限定全柄予約解禁!!】

TVオンエア時に、週替りでお届けしてきた『ピンポンiPhoneケースコレクション』。
最終話記念の全柄予約以降も、再販要望を非常に多くのお客様から頂いておりました!
そこで!8月27日(水)『ピンポン COMPLETEBOX』発売を記念し、再び全柄予約解禁します!
今回が最終販売となりますので、放送時に買い逃してしまった方や、
購入を迷われていた方は是非この機会をお見逃しなく!!
各話の名言がデザインされた、ピンポンiPhoneケースコレクションで、改めてピンポンの世界をご堪能下さい!

販売方法などに関するご注意

※受注期間は終了いたしました。
★受注期間:2014年8月21日(木)12:00~
・クレジットカード決済:9月8日(月)23:59まで
・コンビニ、ペイジー、電子マネー決済:9月5日(金)23:59まで

※コンビニ、ペイジー、電子マネー決済でご注文の方は『2014年9月8日(月)23:59までに』にご入金ください。ご入金が確認できない場合、ご注文はキャンセルいたします。
キャンセルのタイミングによっては、再注文頂けない場合がございます。ご了承ください。

★販売方法:完全受注生産
★販売価格:¥3,000(税込¥3,240)

※完全受注生産のため、返品・交換は承っておりません。あらかじめご了承ください。
※商品を開封された時点で不良等が確認された場合は、お手数ですが未使用のままの状態でご連絡ください。一度でもご着用・ご使用された商品の返品や交換はお受けできません。

ピンポン iPhone5/5sケースコレクション (8/21更新)

#10幻のデザイン「此処はいい……、此処は素晴らしい。」
#10幻のデザインは、ペコとの激戦の末に放ったドラゴンの名台詞をチョイス。
あらゆる重圧を背負い、孤独の中で一人卓球と向き合っていたドラゴンが、ペコとの対戦を通じ、はじめて心から卓球を楽しんだ、ピンポン屈指の名シーンをデザインしました。

>>詳細はこちら!

#8幻のデザイン「ヒーロー見参!ヒーロー見参!ヒーロー見参!」
#8幻のデザインは、説明不要の名台詞をチョイス。

「ピンチの時はオイラを呼びなっ!そうすりゃオイラがやってくる!ピンポン星からやってくる!」

スマイルを孤独から救い出す、正義のヒーローが遂に登場!

>>詳細はこちら!

#6幻のデザイン「愛してるぜ。」
#6幻のデザインは、作中の要所要所で登場するオババの代名詞をチョイス。
挫折から立ち直り、再び卓球に向き合うペコを厳しくもやさしくサポートするオババ。
幼いころからずっとペコの指導者であり、よき理解者であるオババだからこそグッとくる、ド直球の名台詞です。

>>詳細はこちら!

#1幻のデザイン「風の音がジャマをしている」
#1幻のデザインは、1話のタイトルにもなったチャイナ登場時の名台詞をチョイス。
ピンポンのテーマでもある、スマイルとペコの関係を鋭く見抜いた、印象的なシーンです。
本企画構想時、第1弾ということもあり、最終的にペコのセリフが選ばれましたが、アニメでのチャイナ人気を受け、満を持して登場!

>>詳細はこちら!

#11「僕の血は鉄の味がする。」
最終回からは、ペコとの決勝戦でのスマイルのセリフをチョイス。
彼が待ち続けたヒーローの帰還、そして打ち合うごとによみがえる幼い頃の記憶。
「知ってるかスマイル。血って鉄の味がするんだぜ」
薄暗いロッカーに閉じこもっていたスマイルを連れだしたペコに教えてもらったのは、卓球の楽しさだけではありませんでした。
「正確無比のマシーン」といわれた「スマイルロボ」の全身を駆け巡るのは真っ赤な血に他ならならいということを、再確認した瞬間です。

>>詳細はこちら!

#10「反応!反射!音速!光速!」
第十話からは、一度聞いたら忘れないペコの名台詞をチョイス。最強の相手ドラゴンの圧倒的な強さに、苦戦を強いられるペコ。
どんな攻撃も跳ね返され、ピンチに立たさる中、ふと脳裏に浮かんだのは、
「ペコいつも言ってた 遊ぶ相手が強いほど高く飛べるって。」
という、いつかのスマイルの言葉でした。
インパルス走る!!永久記憶不滅っ!!
卓球を心から楽しみ、どんな相手よりも高く飛べる!
無敵のヒーロー・ペコが覚醒した瞬間をデザインしました!

>>詳細はこちら!

#9「スマイルが呼んでんよ。」
第九話からは、ペコ決意の名台詞セリフをチョイス。
オーバーワークによる膝の痛みを抱えたペコが、選手生命をかけてまで強敵ドラゴンとの試合にのぞむ理由は唯一つ。
もう長い間ヒーローを待ち続けている、スマイルのもとへ向かう為に、自由奔放なペコが初めて放った決意の一言を、幼き日々とマッチさせた渾身のデザインです。

>>詳細はこちら!

#8「請問風間同志好!(風間によろしく)」
第八話からは辻堂学院高校のチャイナこと孔文革のセリフをチョイス。
卓球王国・中国で生まれ育った孔は、一軍を追われ日本の雇われ選手となったことに対して大きな不満を抱えていましたが、だんだんとチームメイトとの交流を深めていきながら、海王の風間を倒すべく練習に打ち込んでいました。
しかしインターハイ予選で、かつてスコンクで打ち負かしたペコにまさかの敗北。
そこで彼が放ったのは捨て台詞や負け惜しみではなく、別人のように腕を上げたペコに対しての激励ともとれるこの言葉でした。
第一話から独特の存在感を見せつけていたチャイナが、満を持しての登場です!

>>詳細はこちら!

#7「ドゥーユーアンダスタン?ミスター月本。
-イエス マイコーチ。」
第七話からは小泉先生とスマイルの二人のセリフをチョイス。
突然先生の目の前で失踪したスマイルが戻ってきた先で待っていた小泉先生の「コーチは選手が存在して成り立つ…今度やったら殴るぞ そのつもりでいろ」に続く名台詞。
スマイルと小泉先生の関係性が確実に変化していることを象徴するシーンです。
今回のデザインは、小泉先生の数々の登場シーンをピックアップ。
過去話や若き日のバタフライジョーも含めた、おそらく最初で最後の(?)「小泉スペシャル」仕様です。

>>詳細はこちら!

#6「飛べねえ鳥もいる。」
第六話からは、再びアクマをチョイス!
スマイルに完敗し卓球から距離を置く事で、客観的に自分を見つめ直したアクマが、才能が有りながら、自分と同じく卓球から距離を置こうとするペコに語りかけるピンポン屈指の名シーンのうちの1つです。

>>詳細はこちら!

#5「それはアクマに卓球の才能がないからだよ。
単純にそれだけの事だよ。大声で騒ぐほどの事じゃない。」
第五話からは、遂にスマイルの名台詞をチョイス!
背水の陣で勝負を挑んできたアクマを一蹴し、喚くアクマに言い放った“ロボット”スマイルならではの一言。
努力の男アクマの信念を打ち砕く破壊力抜群の名台詞です。

>>詳細はこちら!

#4「絶対に負けない唯一の方法は闘わない事だ」
第四話からは、強豪・海王学園高校の“アクマ”こと佐久間学をチョイス!
タムラ卓球場での幼少時代から、ペコに羨望と嫉妬を抱いていたアクマが、インターハイ予選でペコに勝利して言い放った渾身の一言。
並々ならぬ努力を重ねてきた、いかにもアクマらしい名台詞です。

>>詳細はこちら!

#3「海、行くか……」
第三話からは、大鵬高校 江上君がまさかの登場!
高校生活最後のインターハイ予選で全国出場を狙うも、運悪く1回戦でスマイルと当たり、早々に引退となってしまった彼の姿をデザイン。
「海、行くか……」“青春”がいっぱいに詰まったこのセリフと江上君の姿に心打たれる、渋いデザインです。

>>詳細はこちら!

#2「この星の一等賞になりたいの、俺はっ!!」
第二話からは、もはや説明不要なこのセリフをチョイス!
ペコの不敵さを語る上で欠かせないピンポン随一の名台詞を全面に出したデザインです。

>>詳細はこちら!

#1 「3世紀早まったね。俺に挑戦するの。」
記念すべき第一話から、ペコがドテチンに放った、このセリフをチョイスしました!
いかにも自信家で天才肌のペコらしい一言です!

>>詳細はこちら!

©松本大洋・小学館/アニメ「ピンポン」製作委員会

ページの先頭へ