【店頭取扱】甲鉄城のカバネリ 追憶の邑
甲鉄城のカバネリ

--

甲鉄城のカバネリ/甲鉄城のカバネリ/【店頭取扱】甲鉄城のカバネリ 追憶の邑

画像をクリックすると拡大して表示されます。拡大画像一覧ページはこちらから

商品の写真および画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。
メーカーの都合により、商品の素材(生地等)・仕様は予告なく変更いたします。
商品の詳細につきましては、各メーカー様にお問い合わせください。
画像・テキストの無断転載、及びそれに準ずる行為を一切禁止いたします。

この商品情報を共有する

  • Twitterでつぶやく
  • いいね!
  • LINEで送る
  • mixiチェック
  • Hatenaブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Deliciousに登録
  • グーグルブックマークに登録

このページのURLをメールで送る

©カバネリ製作委員会

9784800006561 / 170224-04

商品紹介

■オンラインでの取扱いはございません。
※在庫については店舗にお問い合わせください。
※ご来店前に直接店舗へ在庫確認をお願いします。
(品切れの際はご了承ください。 )

棚卸に伴う配送遅延

※現在、当サイトでは通信販売しておりません。

商品名 【店頭取扱】甲鉄城のカバネリ 追憶の邑
サイズ目安 352ページ  
価格 ¥1,300 (税込 ¥1,404)
メーカー/
ブランド
キャビネット
つまり――なにもかもが足りなかったのだ。

不死の怪物〈カバネ〉の融合群体〈黒煙り(くろけぶり)〉を討ち滅ぼし〈八代駅〉を後にした駿城〈甲鉄城〉は、物資の不足に悩んでいた。
とにかくなにもかもが足らない。このままでは〈倭文駅〉にたどり着く前に食糧が尽きてしまう……。
そんなとき、八代駅で乗り込んだ避難民の少女から、十年前にカバネにのまれた〈弥津村〉の情報がもたらされる。
そこには食糧や資材が多量に残っていると噂されているが、探しに行ったものは誰一人戻ってこなかったという。
物資が残っている可能性に賭け、弥津村へ向かおうとする甲鉄城。
しかし、カバネリの少女〈無名〉はそれに反対して──

生駒と逞生、無名と鰍、菖蒲と来栖、巣刈と侑那、吉備土と四方川家の侍衆──
これは八代駅から倭文駅へ向かう途中で彼らが遭遇した、追憶の物語。

テレビアニメ『甲鉄城のカバネリ』外伝第2弾!
本編第6話と第7話の狭間に埋もれた物語を設定統括・笠岡淳平が紡ぐ!

この商品と同じ作品タイトルの商品

前へ

次へ